活用方法

不動産・建築

不動産や建築の様に規制業種は、法的な観点から常に決まった質疑応答が多く存在します。OtsKeは不動産販売・賃貸等の窓口サービスとして非常に相性の良いサービスです。

利用ケース

利用ケースにご興味ある場合は、お問合せ下さい。開発者のご紹介も可能です。

独自の物件検索サイトです。一定地域に特化した不動産検索サイトは非常に人気が有ります。また、多言語化している不動産関連サイトは、日本の場合非常に少なく、少数の不動産業者が独占しています。グローバルサイト向けサーバーのSeccaなどを使用すれば、SEO対策の難易度は高くないと言えるため、先行者利益が高い市場です。お客様との外国語でのやり取りもリアルタイムで翻訳され、日本の法律情報や退去手続等のアフターフォローの応対もテンプレートから瞬時にチャットボットが自動返答します。不動産は決まったエリアを長期的に定点チェックしている人が多い為、特化型の不動産検索サイトは一定の成果があります。

 

対象者:不動産売買・賃貸仲介業者
主な機能:多言語対応、チャット、ナレッジベース、内見予約管理、地図付きディレクトリ
予算目安:「初期費用:100~300万円」「維持費:2~5万円/月」
使用するサービス等:OtsKe(AI機能含む)、Yoyak、不動産ディレクトリシステム、LINE / WhatsApp / WeChat

管理組合・賃貸業

マンションの管理組合では、うまく所有者とコミュニケーションが取れない事があります。いまだに紙の書類を全戸に配布する連絡方法が多く、印刷代や配布の労力、到達率を考えた場合、非常に非効率であり、理事会への出欠や議題の可否を取る事さえ難しいのが実情です。かろうじて、メールによる通知を行うシステムを導入している管理組合もありますが、メールの開封率は高くありません。また、マンション内のルールの周知や直近発生した問題点の告知、特定の所有者への注意喚起など、本来であれば一括・個別連絡、ナレッジベース、24時間リアルタイム対応がLINEなどで行える事が必要な課題が多いにも関わらず、これらを統合した特段の解決策はありません。住民からのクレームを紙に記録して報告するという不正確かつ非効率な手段も解決出来ます。OtsKeであれば、これらを全て解決出来ます。しかもどのソリューションよりも安価です。不動産所有者および入居者をユーザー登録し、トラブル対応の一次応対や問題に応じた担当部署への割り振り、外国人入居者とのコミュニケーションもリアルタイム翻訳で簡単です。他の管理組合ツールと組み合わせる事で円滑な管理組合運営・賃貸業が可能です。

 

対象者:管理組合、不動産オーナー
主な機能:チャット、ナレッジベース
予算目安:「初期費用:10~30万円」「維持費:5,000~20,000円/月」
使用するサービス等:OtsKe(AI機能含む)、LINE / WhatsApp / WeChat
ブログ

関連記事