活用方法

インバウンド

インバウンドビジネスでは、多言語対応と世界各国で人気のメッセンジャーアプリの利用が顧客の利便性を高めます。外国語オペレーターがいなくても、リアルタイム翻訳機能で多言語対応可能です。OtsKeを導入すれば、簡単にインバウンド対応ができ、GDPR(EUの個人情報保護規則)にも対応しているため、ヨーロッパ圏の顧客にもサービスを提供できます。

利用ケース

利用ケースにご興味ある場合は、お問合せ下さい。開発者のご紹介も可能です。

予約が必要なビジネスでは、予約キャンセルのリスク、外国語でのサービスの説明などが課題になります。英語での道案内もチャットを使えばスムーズです。GoogleマップのURLを送ったり、現在地の写真を送ってもらったり、リアルタイム翻訳で正確に情報を伝えられます。また、飲食店であれば、繁忙期には「おまかせコース限定」営業をして予約時に事前決済してもらう事で、損失を防ぐ事も出来ます。

 

対象者:飲食店、美容室、美容外科、マッサージ、ネイルサロン
主な機能:チャット、ナレッジベース、予約時課金、予約管理
予算目安:「初期費用:0~300万円」「維持費:0~2万円/月」
使用するサービス等:OtsKe(AI機能含む)、Yoyak、LINE / WhatsApp / WeChat / Googleビジネスメッセンジャー

宿泊・レジャー施設

宿泊施設におけるユニークな活用方法としては、施設の利用案内があります。内線でフロントに電話するのは億劫という方でも、各国でメジャーなメッセンジャーアプリ経由で気軽に問い合わせができる為、快適な利用環境が提供できます。事前に想定される質問であるれば、リアルタイムにAIが多言語で回答可能です。また、スタッフが対応時でも、適切な情報をAIがピックアップして回答のサポートをします。

対象者:宿泊施設、レジャー施設、キャンプ場
主な機能:チャット、ナレッジベース
予算目安:「初期費用:0~300万円」「維持費:5,000~20,000円/月」
使用するサービス等:OtsKe(AI機能含む)、LINE / WhatsApp / WeChat / Googleビジネスメッセンジャー

観光案内

観光案内では、非常に多くの活用方法が有ります。観光地域の場合、歴史や様々な情報を事前に準備が可能な為、AIに学習させて多言語で説明させたり、地域の特産物の紹介、お勧め観光ルートの作成、迷子の手続き、移住促進などアイデアは尽きません。AIチャットボットの活躍場面は多いと言えます。

対象者:行政・商店街など
主な機能:チャット、ナレッジベース
予算目安:「初期費用:0~300万円」「維持費:5,000~20,000円/月」
使用するサービス等:OtsKe(AI機能含む)、LINE / WhatsApp / WeChat / Googleビジネスメッセンジャー

お土産屋・物販

OtsKeを使うと、Wechat経由で中国語を使って商品説明をしながら、WhatsApp経由でドイツ語を使ってタックスフリーの質問に回答するという事も全てチャットボットが対応します。個別性の高いやりとりは、リアルタイム翻訳を使い、AIが会話の内容に応じた回答候補をアドバイスしてくれます。OtsKeを使えば、今まで、逃していた顧客を取り込む事が可能です。導入は非常に簡単で各メッセーンジャーアプリのQRコードを設置するだけです。店頭に「多言語応対可能!」と掲げましょう。

対象者:物販等実店舗
主な機能:チャット、ナレッジベース
予算目安:「開発費:0~300万円」「維持費:5,000~15,000円/月」
使用するサービス等:OtsKe(AI機能含む)、LINE / WhatsApp / WeChat / Googleビジネスメッセンジャー
ブログ

関連記事