活用方法

金融機関

証券会社、FX業者、暗号通貨取引所、クラウドファンディングなどに共通するのは顧客の問合せが多く、口座開設やKYCが存在する点です。これらは、金融業務の大きなウェイトを占めます。OtsKeを利用すれば、口座開設フォームでユーザーが離脱率を減少させて、あらゆる問い合わせに24時間、多言語で自動対応する事が可能です。

利用ケース

利用ケースにご興味ある場合は、お問合せ下さい。開発者のご紹介も可能です。

ブローカービジネスは、規制上プッシュ型の営業が難しい為、WEBサイト訪問者に対するコンバージョンが重要となります。OtsKeであれば、口座開設中に困っていると判断してサポートを名乗りでたり、キャンペーンの参加を促進したり離脱や見込客の維持が可能です。また、ブローカー業務に多い、入出金や確認書類、トレーディングツールの使用方法等は、全て定型化可能な回答であり、FXや暗号通貨の場合は、顧客は24時間サポート態勢が望まれます。システム障害、未着金等のイレギュラーな状況以外はチャットボットによる対応は顧客にとってもストレスがありません。部署間のチケットの移動もスムーズです。様々な通知方法によりお客様からの緊急メッセージも逃しません。

対象者:金融機関
主な機能:多言語対応、チャット、ナレッジベース、メールマガジン
予算目安:「初期費用:10~30万円」「維持費:5,000~2万円/月」
使用するサービス等:OtsKe(AI機能含む)、Yoyak、メールマガジンサービス、LINE / WhatsApp / WeChat
ブログ

関連記事