活用方法

教育・学習

教育分野では、ストック可能なデータが多くコミュニケーションも多い為、学校業務からオンラインスクール構築まで、幅広くOtsKeを有効的に利用する事が可能です。

利用ケース

利用ケースにご興味ある場合は、お問合せ下さい。開発者のご紹介も可能です。

入学・試験など、一定の時期に集中する問い合わせの対応もOtsKeがあれば、大幅に労力が軽減可能です。各種証明書の発行など、業務フローが決まっている事務作業も完全にオンライン化可能です。イレギュラーなケース以外は、チャットボットが対応する事で個別要因の強い問合せに注力が可能な為、しっかりと対応する事が出来ます。

対象者:学校
主な機能:チャット、ナレッジベース
予算目安:「開発費:0~10万円」「維持費:0~2万円/月」
使用するサービス等:OtsKe(AI機能含む)、LINE等

オンライン授業(1 : 1)

ライブの授業はZoomやSkypeを使用し、質問をチャットやメールをご利用頂くだけで、家庭教師やマンツーマンで指導する方の業務が効率化が可能です。教師・講師の教え方などを蓄積していく事で、より多くの生徒にサービスを提供する事が可能になります。

 

対象者:家庭教師、マンツーマン指導者
主な機能:チャット、ナレッジベース、都度課金、予約管理
予算目安:「開発費:0~10万円」「維持費:0~2万円/月」
使用するサービス等:OtsKe(AI機能含む)、Zoom/Skype、LINE等

オンラインスクール

Udemyの様なコース販売を行って、生徒に自主学習してもらい、想定される質問に関しては自動でチャットボットが回答し、個別性の高い質問などは、チケットやチャットで対応するという利用方法が想定されます。もちろん、購入前のユーザーの質問などにも活用可能です。オンラインスクールと非常に相性の良いビジネスモデルです。

対象者:スクール運営者、講師等
主な機能:コース販売、質疑応答、定期継続課金等
予算目安:「開発費:50~300万円」「維持費:1~5万円/月」
使用するサービス等:OtsKe(AI機能含む)、LMS(Learning management system)
ブログ

関連記事